2009年04月30日

CDC4th リボルバークラス編 その1

CDC4th/リボルバークラスでは、マルイのNewパイソン4inにポケットクラスでも使用したKEINさんに作って頂いたホルスターを使用しました。(^-^)

カートを使用したリボルバーでマッチに参加するのって夢だったんですよ!!
でも、普通に揃えるとスゴイ金額になるし、用品も全く揃いません。(T_T)
今回、前回のCDC3rd終了後からたまたまヤフオクを物色していたら、Newパイソン4inのマルベリカート仕様の新品同様のヤツが本当に信じられない値段で落札出来ました。
しかし…
スピードローダーとポウチが全く手に入りません。(T_T)
と、思ったらスピードローダーもコクサイの物をヤフオクで格安落札。(^_^;)
ポウチはHKSの中古をこれまた格安で入手。(^_^;)
スピードローダーもポウチも殆どヤフオクに出て無いし、HKSのスピードローダー以外現在売られてないのが現状ですから。
しかも、KEINさんのホルスターはメタルライニングが入っていて、コンシールドキャリーにピッタリな上に、素早いドロウが可能です。(^-^)

これはもう、リボルバーを撃てと言ってるとしか言いようが無い位に揃ってしまいました。(笑)

銃本体はカート式にしてある以外は、フロントサイトを蛍光レッドでペイントし(下地に白を塗ると発色が良くなります。)、リアサイトを5mで合う様に、上下アジャストのビスを長い物に変えただけです。
ビスは普通のネジの頭を削れば良いだけですから、全ての加工が楽でした。(^-^)

ローダーポウチはフタをカット。
しかし、このままではガタが出るので、内側にマジックテープのメスを丁度良いテンションになる様に貼り付けてあります。



続く…
  


Posted by JINN  at 21:26Comments(0)

2009年04月24日

5.11GLOCK21用ホルスター N−IDPAエントリー

マルイGLOCK17用に5.11のGLOCK21用ホルスターを購入しました。

マルイのGLOCK17は実銃よりスライドが太い為、カイデックス等の成形ホルスターでは皆さん苦労されている様ですね。
このホルスターも箱出しではフィティングがイマイチです。
そこで、簡単な加工をしました。

用意したのは、ABS板1.5mm、テフロンシート、両面テープ。
何故かネットで検索してもこの手のカスタムって出てこないそうで…(^_^;)

まず、テンションスクリューのゴムブッシュを外した状態でホルスターのテンションを調整します。
その時のゴムブッシュの隙間より少し長目にゴムブッシュをカットします。
僕の場合、大体2〜3mm位でした。
ゴムブッシュをカットする時、セロテープ等伸縮性の少ないテープを巻き、そのラインをガイドに切っていくと真っ直ぐ綺麗に切れます。(^-^)
この状態で組み上げると、テンションはバッチリ調整出来るのですが、やはりサイズが合わない為に、銃が前後にガタつきます。

画像の左右でこれだけのガタが有ります。
そこで、ホルスターのスライド上面フロントサイト両脇の部分にABS板を貼りました。
僕は、1.5mmのABS板を5mm×45mmに切り出し、スライドの当たる部分に滑りを良くする為にテフロンシートを貼り、とりあえず、薄手の強力な両面テープで貼り付けました。

この様な状態になります。画像右の赤丸の部分になります。
2mmのABS板5mm×30mm位でも大丈夫かな?
少しづつ調整しながらベストの物を探して下さい。

画像は、スライド上面に押し付けてますが、殆どガタが有りません。(^-^)
値段の割にしっかりロックし、素早くドロウの出来る良いホルスターですね。
もし、調整が上手くいってない方が居ましたら参考にしてみて下さい。

僕はいつもお世話になっています、このミリブロでもお馴染みのM.A.C.JAPANさんの輸入品マーケットで購入しました。(^-^)
海外製の商品がとても安く手に入りますよ!!
M.A.C.JAPAN:http://www.mac-japan.co.jp/
輸入品マーケット:http://macjapan2.ocnk.net/
輸入品マーケットブログ:http://happystore.militaryblog.jp/

6月28日(日)埼玉県越生で開催されるN−IDPAインターナショナルのエントリーが既に50エントリー超えてるそうです!!
これだけエントリーがあるとエントリー締め切りも有るそうですので、参加を迷っている方はお早めにエントリーして下さい!(^O^)/
N-IDPAのHP:http://n-idpa.com/
また、Zebra-6さんからでもエントリー出来ますので問い合わせて下さい。
Zebra-6:http://zebra6.com/
もちろん僕もエントリーしましたよ!! (^_^)  


Posted by JINN  at 22:57Comments(0)

2009年04月22日

CDC4th ポケットクラス編

CDC4th。
CDCの醍醐味であるポケットクラスでは、マルゼンのNewワルサーPPK/SにKEINさんに作って頂いたホルスターを使用しました。(^-^)

今回チョイスしたのは、シルバーモデル。
以前、固定スライドのPPK/Sのフロントサイトを集光サイトにしたら凄くサイティングし易かったので、フロントサイトを集光アクリル分削って良く光る様にステンレス板を貼った上に、集光アクリルを接着しました。(^-^)b

ホルスターは、KEINさんにマッチで使うならと勧めて頂いたタイプを注文したのですが、本当に使い易いホルスターでした。(^-^)
マガジンポーチは、以前作ったインサイドマグポーチのシングルスタックマガジン用にスポンジのスペーサーを入れて使用。(^_^;)

しかし、ST1のフォーリングプレート6mで、トリガーを引いたらガスが噴き出して終了。
いきなり6秒のペナを頂き、もちろん他にもやらかしていますので、(>_<)
クラストップになるなんて夢にも思って居ませんでした。
正確には主催者のSさんがこのクラスのトップですが、参考タイムという事になっています。
運が良かったって事ですね。(^_^;)

僕のタクティカルスタイルには、コンシールドに適した上、レースホルスター並みのドロウが出来るホルスターと、
素早くドロウした銃を素早く確実にポイント出来る優秀な銃だと思います。
その点、レーザーサイトやダットサイトなんかは素晴らしいですが、タクティカルな面を考えたらフラッシュサイトしか無いと思います。(^-^)
フラッシュサイトの大きさはダットサイト並みの小さい物を好む方が多いですが、僕はどちらかというと大きい方が好きです。
大きいといってもノーマルフロントサイトのシルエット大ですが。(笑)

僕のお気に入りのKEINさんとKD−PROさんのホルスターはリンクも貼って有りますが、パソコンから直接購入も出来ますので、是非覗いてみて下さい。(^-^)/

KD-PRO:http://kd-pro.ocnk.net/
レザーアートKEIN:http://plaza.rakuten.co.jp/LEATHERARTKEIN/  


Posted by JINN  at 21:16Comments(0)

2009年04月18日

PCM/PMC3に参加して来ました。

遅くなりましたが、先月29日に横浜のPCMさんで行われたプレートマスターズチャンピオンシップ3(PMC3)に参加して来ました。

直径10cm、中心から25cm間隔の6枚のプレートを4〜7mの各距離で指定された時間以内に、両手2回、片手左右各1回の合計96枚のプレートを撃つ、内容はとてもシンプルですが、とても奥の深い実力がハッキリと出るマッチです。

僕は、オープンクラス:マルイHI-CAPA5.1アキュコンプA2-MT、
タクティカルクラス:マルイGLOCK17BTCカスタム+M6(点灯はさせません。)のWエントリーをしました。

成績は…
オープンがクラスが2/3、タクティカルがクラス1/2位の順位です。
見事に撃沈です。(T_T)
プレートマスターズに関しては、96枚のプレートを全て倒す事が目的ですので、順位は問題では有りません。
しかも、オープンクラスで使ったHI-CAPAはグリップセフティが効かないと判明し、自分のシュート直前まで直してるという醜態でした。(-o-;)
他にも心の迷いから色々してしまったのが今回の反省です。
i師匠からは、余りの酷さに罵られ…もとい(←冗談です。(^_^;))暖かい説教をして頂き、早速次回PMC4に向けて様々なマッチで活躍出来る様に頑張ろうと思っています。
主催者の名人さん、i師匠、それにスタッフの皆様本当に有難う御座いました。m(_ _)m

PCM/PMC3の成績はi師匠のブログ
http://takeoishii.militaryblog.jp/e61494.html
にUPされてますので、気になる方はご覧下さい。(^_^;)

またまた新たな目標に向けて修行だぁ〜。(ToT)

とりあえず、グリップセフティはライブになる様に帰ってから直しました。
序でに、タクティカル用の4.3も怪しかったので、手持ちのHI-CAPA全てチェックして改修しました。
ガンスミスとしてもまだまだですねぇ〜。(-o-;)
  


Posted by JINN  at 22:02Comments(2)

2009年04月13日

CDC4th フルサイズクラス編④&NEW LEDバルブ

ITI社、STREAMLIGHT社のMシリーズタクティカルイルミネーター用のLEDバルブを作ってCDC4thで使ってみました。(^-^)
(前記事も見て下さい。)

LEDの明るさと(照度は暗いですが(^_^;))レーザーサイトにより、ギャラリー向けのパフォーマンスはバッチリかと。(笑)
よくレーザーサイトの有効性を聞かれますが、正直、訓練すれば素晴らしいと言えます。
しかし、普段サイトで狙っているのが身に付いていると、サイトを見て撃つ方が速かったりします。(^_^;)


CDCで使用したのは15000mcd(ミリカンデラ)の明るさの5mmLEDを加工した物でしたが、今回44000mcdのLEDで新たに作ってみました。
初代15000mcdのLEDと比べると微妙〜に明るいです。(^_^;)
それは、15000mcdのLEDが純白色、デフューサーを付けた様な光りに対して、44000mcdのLEDは少々中心が青ぽく光るからです。
本当にミニマグライト程度かな。(^_^;)
正面から見ると直視出来ないのですが。

1個作るのも10個作るのも大して金額が変わらないので、10個分の材料を手に入れましたが、5個作ってめげました。
チマチマしていて、面倒くさくて。(^_^;)


前回UPしたバルブベースにLEDと整流ダイオードを組み込んで絶縁処理してあります。
お手軽に作るにはこれって結構ギリギリのサイズなんですよね。(^_^;)
  


Posted by JINN  at 22:07Comments(0)

2009年04月07日

タクティカルイルミネーターLEDバルブ

先日紹介したITI社のMシリーズタクティカルイルミネーター用のLEDバルブ。
15000mcd(ミリカンデラ)のLEDを使い自作しましたが、今回44000mcdのLEDで作ってみようかと。
1個作るのも10個作るのも大して金額が変わらないので、とりあえず10個。(^_^;)
15000mcdのLEDで、ホームセンターで売っている0.5WLEDライトより明るく、ミニマグライト程度の明るさでした。
44000mcdだと単純に考えて約3倍ですから、作るのが楽しみです。(^-^)

画像は、LEDをマウントするベース。
加工済みと未加工の物。  


Posted by JINN  at 11:38Comments(0)

2009年04月02日

CDC4th フルサイズクラス編③

CDC4th/フルサイズクラスで使用した、GLOCK+M6タクティカルイルミネーター用KD−PRO/i-tacホルスター。

実は、今回ずっ〜と探していたのですが、商品が無いので自分で自作出来ないものかと考えていた物が有りまして…
それは、ITI社MシリーズのLEDバルブ。
理想はパワーLEDで造りたいのですが、(^_^;)このバルブの小ささでは放熱処理が上手く出来ないので、もう少し勉強してからでは無いと。(T_T)
でも、一応ベースは作ってみたんです。
そしたらハンズで、普通の一般的な砲弾型5mmLEDでホワイト15000mcd(ミリカンデラ)というのを見つけまして。(^-^)
M6タクティカルライトの順電圧を測り、懐かしの(笑)オームの法則で抵抗値を出して、LEDに抵抗付けただけのお手軽LEDバルブです。(^_^;)


明るさはノーマルバルブより暗いです。(笑)
昔のミニマグライト位でしょうか?
でもTOY GUNのシューティングマッチだと遠くても大体5mなので、ノーマルバルブだと光量が有りすぎるから丁度良いかと。
逆に、ライト正面から見た明るさは、ホワイトLEDの特性でノーマルバルブより眩しく見えます。(^-^)

しかし、ネットで調べてみると同じ砲弾型5mmLEDで31000mcdや44000mcdのLEDが!!∑( ̄口 ̄)
単純に考えて、今回のLEDの2〜3倍の明るさです。
回路も抵抗よりダイオードを使用すれば、電流が安定します。

折角探し求めて、Mシリーズのノーマルバルブのスペアを買い集めてましたが、これだけ簡単に作れるならこれからは自作しようかと考え中。(^_^;)


  


Posted by JINN  at 22:48Comments(0)

< 2009年04>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
JINN
JINN
オーナーへメッセージ