2010年12月30日

GLOCKにプレゼント(笑)


所さんの世田谷ベースVol.15でもGLOCK/GCCが熱い!!と記事が有りました。
流石は所さん、GCCごときにもEOTechホロサイトXPS3が惜しげもなく乗ってたりします。(^_^;)

仕事で疲れていると変な事を考えるもので、(^_^;)僕はお馬鹿なB級アクション映画に出そうなGLOCK/GCCを目指し、(^_^;)今回グリップグローブを履かせてみました。
昔からGLOCKには自転車のチューブを切って履かせてるシューター居るのですが、今回は既製品です。
ブラックのG17バージョンにパックマイヤー製。
TANのG18CバージョンにBUTLER CREEK製。
パックマイヤー製はGLOCK専用の物ですが、フロントのフィンガーグルーブが潰れてのっぺりしたグリップになりました。それに対し、BUTLER CREEK製の物はフィンガーグルーブが強調されます。
それぞれ対照的な製品ですが、自転車のチューブ切ったのが一番良いかも。(笑)

タニオ・コバM4では理想のモデルを完成させたので、GLOCK/GCCは特製を生かし軽量コンパクトなモデルに仕上げたいので、レイルにゴテゴテ付けずにこれで完成にしようかと。
でも…G18Cバージョンはまだいじれるな~。(^_^;)
  


Posted by JINN  at 20:26Comments(0)

2010年12月09日

HERA-ARMS GCCに似てる…

G18Cバージョンの日記の前に。(^_^;)

タニオ・コバ様やってしまいました!!(笑)

HERA-ARMS GCCを持っているとどうしても思い出す銃が有ります。(^_^;)

今は無きMGCから販売されてたキャリコM1000。(実銃のM100のデフォルメ)
その名の通り弾が1000発近く入り、単なる自重落下方式では無く、ベルトコンベア給弾というユニークなシステムを搭載したセミオートライフル。
実銃のM100をイチローさんがレポートした時に、外観がM16のオモチャの様な感じだったから遊び心でアメリカ国旗のステッカーを貼りました。
それをタニオ・コバの小林社長が当時、自分の体型に合わせてデフォルメして(実銃より小さい)、しかもアメリカ国旗のシールでネジ穴を隠すという荒業のモデルを販売しました。(笑)
しかも、当時にしては安くてインナーバレルをロングバレルに交換するだけで十分使えます。
学生時代にサバゲで2Lのエアタンと組み合わせて大変活躍させてもらいました。
キャリコユーザーの最大の誉め言葉は「あそこにフルオートがいるぞー!」でした。(爆)
スナイピングから弾幕までコレ1丁で大活躍です。
僕のはハイダー部分を削り出しで造りサイレンサーを付けていたので、更に驚異的でした。


話しが長くなって仕舞いましたが、形は似てませんがそんなMGCのキャリコとマルイのGLOCKを組み込んだHERA-ARMS GCCの雰囲気が似ています。
ついついアメリカ国旗のステッカーを貼って仕舞いました。(笑)

HERA-ARMSはドイツ製なのに。(^_^;)
  


Posted by JINN  at 21:38Comments(0)

2010年12月04日

RA―ARMS(笑)

やっちまった!!

詳細は後で…かな?(^_^;)  


Posted by JINN  at 20:47Comments(0)

< 2010年12>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
JINN
JINN
オーナーへメッセージ