2018年02月23日

日曜日はターゲットワンでT.A.C.C.

なかなか更新出来ずにすみません。
今回は告知です。

今度の2月25日の日曜日、ターゲットワン新宿店にて14時30分からT兄さん主催の
新タクティカル系テストマッチ
T.A.C.C.(タクティカル・アクション・コンシールド・キャリー)
が開催されます。
http://umbrella.militaryblog.jp/e907021.html

http://target1akiba.militaryblog.jp/e907690.html

IDPAはセルフデフェンスから誕生したマッチですが、シューティングマッチにしてしまうとどうしても制約が出来てしまいます。
日本で行われているN-IDPAでも同じです。
youtubeなどで最近海外でアップされる様な、スライド直付けのダットサイトやフロントに位置するホルスター、パーカーやTシャツからのドロウなど従来のマッチでは絶対に出来ません。
そんな動画の様なスタイルのシューティングが出来るのがT.A.C.C.です。
PPK/Sの様なN-IDPAでカテゴリーが無く使用出来ない銃も使用出来ます。


おおまかな概要は以下の通りです↓
【内容】コンシールド系アクションマッチ 
IDPAを基本ルールとするが、大きく違う所
★銃のカスタムが自由であり、 スライドの軽量化や
ダットサイト登載などが可能
※ガンクラスは、箱だしノーマルガン、改造されたカスタムガンの
二つを基本とする
注:N-IDPAでは箱出しノーマルか最低限許可された範囲の
プチカスタムガンしか使えません。
TACCならIDPAでは使えないこんなオプティックキャリーガンも
使えますね!
★インサイドホルスターやズボンなどへの直挿し
(安全性に問題がない状態であれば)など可能とする
ショルダーやヒップホルスターなどの銃口の向きが
明らかにアップレンジに向くなりする場合は不許可とする。
注:どんなホルスターを使ってもOKですが、装着状態で
ガンの銃口が下以外の方向を向く物、
ガンを抜く時に銃口が後ろを向く物はNGです。
※コンシールドが最低条件ですが、銃だと判るシルエットが
着衣の上から見えたり、銃の一部が見えるモノは不許可とする
ライブアモマガジン(残弾の残っているマガジン)を落として
リロードが可能
※必要に応じて自身の判断でマガジンを落としても良い
注:N-IDPAではマガジンに残弾がある場合、
地面に捨てずに回収しなければなりません。
(全弾撃ちきった時のみ空マガジンを捨ててもOK)

僕も新しい装備を投入する予定です。^_^

新しいタクティカル系シューティングマッチに是非参加して見ませんか?






Posted by JINN  at 22:56 │Comments(0)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2018年10月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリ

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
プロフィール
JINN
JINN
オーナーへメッセージ